本日は、ご訪問頂きありがとうございます!(^人^)

遊んで、学んで、愉しんで♪

日々、遊々の暮らし お片付けを通してお伝えしております

兵庫県 尼崎市 の お片付けの先生 山口麻里です。

 

 
本日も一日雨模様
 
朝から横殴りの雨が降っております
 
全国的な雨、地震後は土砂崩れなどの被害も考えられるので
 
ほんと、早くやんでくれないかな・・・

と祈るばかりです。(ー人ー)

 
 
 
そんな本日は、防災ネタ
 
それも、備蓄はしていたけれど!
 
実際には、使ったことのなかった携帯トイレ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正直、防災について学びを深める前までは、「そんなんいざっと言う時は、野●ソでしょう!」なんて考えてました。 
 
オーストラリアを旅した時に体験したキャンプで、はじめて体感した自然のトイレがすぐイメージされたからなんですよね。
 
ですが、実際の災害時で土に埋められた大量の糞尿が溢れたら? 
 
暑くなればそこらこっかで腐敗し悪臭と心的ストレスの原因に
 
そして、土砂崩れなど大量の水の中にばらかまれると・・・人間の腸内で増殖すると言われ、水中(海水も)環境を好むコレラ菌の感染確率が高まる??それこそ、ニ時、三次災害になりかねないということを。
 
こういう感染症で一番被害に合うのが、体力のない子供やお年寄りです。
 
やはり、携帯トイレは自身の為だけではなく、環境や周囲の方の為にも準備しておきたいと思いました。
 
で、購入したわけなのですが・・・
 
持ってるだけで、いざっ!という時に果たして使えるのか???
 
と思い今回体感してみたわけです。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
1個300円程で、2回使用可能です。

私の個人的な感想としては、4回くらいはつかえるんじゃないか???

 
とはいえ、排出量は個人差もありますので気になる方はお試しください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
● 説明書
● ビニール袋
● 凝固剤
● 手洗い除菌水
 
 
がコンパクトにセット!
 
もう、これ持ち歩いているだけでかなり心強い!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビニール袋は意外とコンパクト
 
だけれど、強度もあり中身も見えにくいので安心
 
普通のビニールゴミ袋に比べると立体的につくられていました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
凝固剤の中はこんな感じ
 
封を切って用を足した後に、ふりかけてもいいのですが、封を切らず、このままビニールにセットし上から、用を足す方法とどちらでも可能なそうです。この凝固剤のパッケージは、水分で溶けるそうなので小便の時は、先セットもいいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さぁーいざっ!
 
っとドキドキしながら試してみると
 
ビニールの素材はちょっとマットな感じで肌さわりも良いのですが、夏場は汗でこのビニールがお尻にくっついてくるということがわかりました。
 
これについては、関西 防災備蓄収納チームでも色々意見が出ておりまして
 
 
● 交換する度に、100均便座シールを貼ってみる
● ビニールと便座の間に、耐震マットをひいてはりつけ、脱着できるようにしておく
● 便座と便器の間にビニールをひいてみる
 
 
などなど、これらは次回試してみることになりそうです(^^;)
 
 
個人的な感想としては、
 
● 慣れないと使い方にドキドキする
● 電気消してはじめればよかったのに、普通にはじめたのでうっかり水を流してしまった
● 家族と共有することの抵抗感が半端ない
● 思ったより臭いも抑えられていた
● トイレ以外にも使い方があるというのにびっくりした

 
 
 
↑上記で特出すべき点といえば、この家族と共有することの抵抗感!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レジャー先で、すごく汚いトイレに遭遇し運悪く他の方の使用後に遭遇してもゲッ!(ーー;)とは思いますが、トイレ変えればいいのでそれだけですみます。
 
でも、自宅で避難しかも、トイレが流せない状態となると!
 
家族のモノも目に入っちゃうわけです。
 
子供はよしとしても、パートナーとか同居している義理の両親とか両親とか?
 
身内の大人同士で見せ合うことになると思うとなかなかの抵抗でした。
 
我が家の場合
 
ぷーちゃんが帰宅するまで、この避難トイレ練習についてはあえて触れずモニタリングしていると・・・
 
ぷーちゃん1Fのトイレに駆け込んだものの!
 
すぐにドアを閉め、2Fのトイレに駆け足で走っていってました(^m^)
 
後に、感想を聴くと 
 
「お母さんが、地震の練習でしてるんやと思ったけれど・・・無理ー!!!(>_<)でけへん!!!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
との素晴らしい感想に思わず笑ってしまいました。(笑)
 
もちろん、紙で上から隠し見えないようにはしてますよ
 
けれど、抵抗感が半端ない。
 
更に、パパさんの場合は・・・
 
私の抵抗感はMAXです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ぷーちゃんに「 あんなん見たらパパ、ママのこと嫌いになるかな???(ー”ー;)」
 
パパさんには「 パパー嫌いにならないでーーーー!!!(*ノノ) 」と叫んでさえいましたから。
 
(ーー;)
 
パパさんの方がよっぽど冷静でしたが・・・(笑)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな話を、関西防災備蓄収納チームでシェアしていると
 
「 昔は、ぼっとん(トイレ)だったのよ 」
 
と三原マスターからの冷静なご意見
 
そーいえば?
 
私も、子供の頃田舎に帰省した際には見かけた、ぼっとん便所や畑の肥やし
 
が、近年の便利さに慣れてしまい
 
いつの間にやらかなりの抵抗感になっておりました。
 
なるほどなぁ~ っと納得すると共に、
 
これ10代~30代大丈夫なのかな??とも
 
災害時は、年齢性別関係なくこの様な対応は強制されます。
 
だってトイレにいかない日も、人もこの世にはいないでしょう?
 
緊急時に、トイレいけない~~~っ(TT)ってなんて言えませんしね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう考えると、うちのぷーちゃんにも慣れさせねば。(ーー;)
 
まだ、携帯トイレ練習は必要な我が家ですが
 
今回の大阪での地震でもおわかりのように災害時、ライフラインが止まる可能性が高いです。
 
電気、水道、ガス 全て止まることもありえます。
 
災害時の携帯トイレの備蓄はもちろんですが、平和な時に試してみる!
 
(※携帯トイレは様々なもので代用できますが、それはまた後日にお話します)
 
ということも合わせてオススメいたします。
 
 
 
 

 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
 
ランキング参加しております↓
 
ポチッと応援下さると励みになるので宜しくお願いします(*^人^*)
 
にほんブログ村 その他生活ブログ 地震・災害へ
The following two tabs change content below.

山口 麻里

お片づけの先生 山口麻里 【兵庫県 尼崎市 武庫之荘 在住】 家が片付かない、時間がない、心にゆとりがない、が普通の人には当たり前だと思っていた五年前。「お片付け」というスキルと出会い、「住環境」「思考」「時間」「心」の整理と向き合い続け、憧れていたシンプルライフを愉しめるようになりました。自身の失敗や成功経験を通し培った「お片付けのコツや楽しさ」を講座、Blog、お片付け現場でお伝えしております。[保有資格:住まい方アドバイザー/ 防災備蓄収納マスタープランナー/整理収納アドバイザー2級認定講師/整理収納アドバイザー1級/ファイリングデザイナー2級/ホームエレクターアドバイザー/ 終活カウンセラー初級/ 魔法のしつもん漢字カードマスター/ ハーバルセラピスト/ 野菜ソムリエジュニアベジタブル&フルーツマイスター]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です