家族を守る 家づくり 

 

「暮らし方」、「ライフスタイル」という言葉が注目を浴び、快適な暮らしを実現する為にインテリア同様、”お片付け力” が重要視される様になりました。毎日の暮らしを快適にする為に、所有されるモノを厳選する力も同じ様に注目、今や最小限のモノで暮らす人 ”ミニマリスト” の名称も一般的に。

 所有するモノが少なく管理しやすくなる

インテリアを意識した収納品で片付いている。

どちらも暮らしを豊かにしてくれます。

ですが、それだけで家族が安心・安全に、過ごせる家になるでしょうか?

答えは、NOです。

こもれび日和では、「心地よい暮らしの先にある、家族を守る家づくり」をコンセプトにお家の中から整えます。お部屋の在り方から防災備蓄品の必要量や活用方法のご提案並びに収納方法に至るまで。収納のプロだからこそ、子育て中の主婦だからこその目線で分かりやすくお伝えしております。

ご自宅に防災備蓄品の備えは防災リュック1つのみ。自助力なしに、本当に大丈夫と言い切れますか?

 


震災を経験された方、未経験の方問わず 未だ多くの方が、「いざという時は行政から十分な救援物資がすぐに届く」そう思っておられます。ですが、自治体により、防災備蓄品の保有数は異なります。

例えば私の住む尼崎市では、45万人の人口に対し

アルファ化米3食+ビスケット缶1個+水500ミリリットル /人(1日分)1万人分 です。(2018年4月 現在)

阪神淡路大震災の際に、実際に必要とされた備蓄食の数量を元に設定されたそうですが、1日で避難所暮らしから解放される状態であれば十分ですが、これらが長期化した場合はどうでしょう?

事実、2011年の東日本大震災では、避難所への救援物資が届いたのは3日後でした。

小さい避難所などは、1週間以上掛かったそうです。そんな状況が、お住まいの地域では起こらないと言えるのでしょうか?

 

阪神淡路大震災、東日本大震災、被災地で実際に起こった事

●急な環境変化、避難所での集団生活でストレスを抱え体調不良になる方が急増

●避難所のトイレの設置には3日以上掛かった

●避難所の暮らしが合わず自動車内での生活を選びエコノミー症候群発症や凍死も

●自宅にて避難暮らしするも、各家庭に救援物資が届けられることはなく、配給情報も届かずの厳しい状態を強いられた

各自治体も防災に対し、意識を高め取り組みを進めて下さっていますが、全市民に対して十分にカバー仕切れないことも理解した上で市民一人々の自助力の底上げも期待しておられます。

 

出展元: Toshimachinaga さんアップロード

 

防災備蓄品揃えたくても、置く場所がないっ!?

ご安心下さい。

こもれび日和では、実際にお宅に伺い、お家の状態を診断、問題点を明らかにした上でそれぞれのお宅に合った防災備蓄品の提案や、その為のお家のつくり方、お伝えしております。

どうやって片付けたらいいのかわからない


そんな時もご安心下さい。

ご家族構成、ご希望のライフスタイル、趣味嗜好などヒアリングの上、どこから進めていけばいいのか? 所要時間やスケジュールなど説明、ご理解頂いた上で、お客様と共にお家を整えて参ります。

備蓄品 何を、どれくらい、どこに収納すればいいのか

 

防災備蓄品は、食料品から生活品、衛生品と大きくは3つに分類されます。それらの備蓄品も、ご家族構成や性別、世代などによってご準備頂くものや量なども異なります。また、既存品でも防災備蓄品として使用できるモノなどもあり「防災備蓄収納で安心プラン」ではそれらを全て考慮した上で個別にご提案させて頂いております。

必要量の考え方を学びたいとご希望される方には、防災備蓄収納講座にて基本的な備蓄品の必要量など防災備蓄収納プランナー協会発行「防災備蓄・耐震グッズリスト」を基にお伝えしております。

 

 

自身の被災体験から感じた、防災備蓄の必要性

 

私は、20代に阪神淡路大震災を体験いたしました。当時、早朝からのとてもつもない横揺れにベットから飛び起き足元ふらつきながら必死に机の下に避難したことを今でも鮮明に覚えています。幸いにも自宅は家屋家族共に無事な状態でしたが1km圏内の一部のお宅では全壊され水・ガスなどのライフラインも一時的に止まるなど不安は続く状況でした。

当時アパレルメーカーに勤務し神戸大丸店の店長を努めていた経緯もあり、勤務先の先輩と共に神戸まで自費で用意した女性向け救援物資を徒歩で届けました。その歳、目の当たりにした崩壊するビルや瓦礫の山、災害後数週間経った状態でも、不安げな表情で雑然と行き交う人混みに大震災の爪痕の深さを感じました。

それらの経験から、何か備えておけることはないかと、当時の私には高額な2万円もする防災リュックを購入し安堵感を得たことが防災備蓄への意識のはじまりでした。現在は、主婦、一児の母となり「私達家族に合った備蓄」を目標に片付いた家の先にある、家族を守る家づくりを自宅検証並びに、各ご家庭の環境に合う、気軽にはじめれる防災備蓄収納をご提案させていただいております。

 

防災備蓄収納マスタープランナー 山口麻里

※一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会HPにて、講師紹介頂いております。

 

9月13日 防災備蓄収納2級プランナー講座

本講座では、「何を」「どれだけ」「どうしまう」を3つのポイントとし、一般家庭から企業樣まで幅広く対応頂ける防災備蓄と収納の仕方について1day講座にて学んで頂きます。

「他人事ではなく、自分事!」ただ防災グッズや食料品を大量に買って終わり。ではなく「いざ、災害!」の緊急時においてご自身で考え、使える実践的な防災備蓄収納づくりを意識し5つの実演習を含んだカリキュラムとなっております。お片付けの基礎も学べる本講座で、「心地よい暮らしの先にある、家族を守るお家づくり」を私と一緒に目指しましょう。

 

 

カリキュラム

1.防災備蓄の必要性
2.防災備蓄の準備
3.防災備蓄収納の一連の流れ
4.転倒、落下の危険性の回避
5.イメージトレーニング
6.グループ演習

防災備蓄収納2級プランナー講座は、一般社団法人 防災備蓄収納プランナー協会認定の講座です。

 

日程 9月13日(日)

時間 10:00~17:00(お昼休憩含む)

持ち物 筆記用具 付箋 飲み物

受講料 23,652円(税込み)

 ・ 認定料、テキスト代含む (更新は不要です。)

・ 団体でのお申込みの場合は受講料の割引がございますのでご相談ください。 

「防災備蓄収納づくり」 まずはお家の収納のご不満点について,、お聴きすることからはじまります。

 

「自宅収納にも手を焼いているのに、防災備蓄までは到底できそうもない・・・。」

そんな方でも大丈夫です。

諦めず、収納のプロにご相談ください! それぞれのお宅の状況やご希望に沿った無理なくはじめれる防災備蓄収納提案をさせて頂いております。

 

「防災備蓄収納で安心家づくりプラン」の流れ

ご相談、お申込みは下記の申し込みフォームボタンより

ご不明な点、不安な事などあればなんなりとご相談下さい。

3営業日以内に、頂いた連絡先に返信させて頂きます。

3営業日以降も当方より連絡が届かない場合は何らしかしらの不具合によりメール自体が不達の可能性もございます。

その場合は、お手数ですが下記の連絡先までご連絡下さい。

アットリフォーム株式会社 こもれび日和 0120-39-3834 (山口宛)

ご自宅に伺い、現状の収納状況を拝見させて頂きその場でヒアリング。現状の収納についてやご希望内容についてお話をお聴きしながら、確認のための質問をさせていただきます。お客様ご自身では普段意識していなかった問題点などの気づきに繋がります。

その後、当方より「改善プラン」のご提案書を提出。

「改善プラン」提案書に含まれる内容

  1. 防災備蓄収納づくりまでの流れ
  2. 現状の問題点と改善案
  3. 防災備蓄収納に適した場所と役割の提案
  4. 防災備蓄収納品の内訳の説明
(※ 別途、防災備蓄品の調達代行のご依頼も受けしております)
 
 
 

内容を確認頂きながら、その後の具体的なスケジュールをご説明させて頂きます。

「改善プラン」の内容にご理解頂けましたら次のステップへ

「防災備蓄収納 安心サポート」正式ご依頼後、「改善プラン」で提案させて頂いたスケジュールに沿いお客様とご一緒にご自宅のお片付けお手伝いさせて頂きます。

安心サポート

スタッフ1名/5,000円(税抜)※交通費ば別途頂戴しております。

現場の状況により、アシスタントスタッフ数名体制で対応させていただいております。

収納箇所事に見積書提出後、ご依頼頂いております。

防災備蓄収納 安心プラン

  • ヒアリング(2時間)
  • 改善プラン提案書
料金:23,000円(税込)(交通費含む)
The following two tabs change content below.

山口 麻里

お片づけの先生 山口麻里 【兵庫県 尼崎市 武庫之荘 在住】 家が片付かない、時間がない、心にゆとりがない、が普通の人には当たり前だと思っていた五年前。「お片付け」というスキルと出会い、「住環境」「思考」「時間」「心」の整理と向き合い続け、憧れていたシンプルライフを愉しめるようになりました。自身の失敗や成功経験を通し培った「お片付けのコツや楽しさ」を講座、Blog、お片付け現場でお伝えしております。[保有資格:住まい方アドバイザー/ 防災備蓄収納マスタープランナー/整理収納アドバイザー2級認定講師/整理収納アドバイザー1級/ファイリングデザイナー2級/ホームエレクターアドバイザー/ 終活カウンセラー初級/ 魔法のしつもん漢字カードマスター/ ハーバルセラピスト/ 野菜ソムリエジュニアベジタブル&フルーツマイスター]